札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2012年11月08日

こんにちは。
札幌北営です。

今回はフジクリーン工業製ブロワー「MX-80」の特別付属品を
ご紹介致します。

昨今、小型の浄化槽に取付けられている「逆洗タイマー付きブロワー」ですが
浄化槽メーカーさんや型式によって通常吐出口と逆洗吐出口の向きが左右
バラバラですよね。
安永エアポンプ社製の2口ブロワーは左右の設定がありますので選択が可能ですが
他メーカーさんは右が吐出or左が吐出と選ぶことが出来ません。

そこで頭をひねって考えてくれたメーカーさんがフジクリーン工業さんでした。
どうひねったかって!?




吐出口をひねりました。


?????

どうひねったかって







こうです。
反転アダプター.jpg
よく見ると配管内で左右を交差させています。

これで左右のどちらのタイプにも対応が可能です。
こんな発想したことがなかったので私、感動いたしました。

取り付けたらこんな感じです。
MX80反転アダプター使用イメージ.JPG


但し、フジクリーン工業さんの「MX-80」向けの特別付属品ですので
単品の販売はしておりませんのであしからず。
アダプターが必要な場合はブロワーをご注文の際に
「変換アダプター付けて!」
と一言お申し付け下さいませ。【メーカーさんからのプレゼント(無料)となります】



以上、佐藤でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 00:00 | 浄化槽関連

pagetop

2012年11月06日

こんにちは。
札幌北営です。

今回はタイトルにありますように水中ポンプでお馴染みの
新明和工業社製水中ポンプの仕様変更に関しましてご案内致します。


最近、浄化槽などでは普通に使われております樹脂製の水中ポンプですが
たまに工場の排水処理施設などにも良く使われております。

そんな工場排水の処理施設でも特に水産加工場等の施設に採用頂いている
ポンプは、場合によって塩水の影響によりポンプと羽根を連結している
主軸が錆びて折れてしまうことがあります。

そこで少しでも延命が図られる物があればと思っていたら
新明和工業さんが改善をしてくれました。

従来からのSUS420J2をSUS316に仕様変更になっております。

ちなみに昨年、CR501T0.4kwを上記の仕様に特注扱いで見積りを取ったところ
標準品定価69,800円のポンプがなんと170,200円がく〜(落胆した顔)
とんでもない金額でした。

今回の仕様変更によって金額の変動は無いようですのでとてもお得な感じです。
(注意:ノーラスのみの仕様変更です。)

詳細はPDFを御覧ください。
ノーラスSUS316製変更1[読み取り専用] [互換モード].pdf

以上、佐藤でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 17:25 | 浄化槽関連

pagetop

2012年07月02日

みなさんこんにちは。
ブログ更新ずーっとしてませんでした…なので久々の更新です!!
先月の6月23日に旭川浄化槽協会主催のブロワー講習会のお手伝いをさせて頂きました。
ブロワー講習会では小型浄化槽用ブロワーのダイアフラム交換や交換時の注意点、製品の特性についての説明です。講師は安永エアポンプ鰍ウん、潟eクノ高槻さんに協力して頂きました。
また、私も世晃産業さんのELブロワーについて、説明させて頂きました。汗だくになりながら…とても暑かったです。

P6230115.JPG

ブロワー講習会のときに風量計の必要性についても説明させて頂きました。新品ブロワーの交換やダイアフラム交換時には取付の前に風量計を使って、常用圧力に対して適正な風量が出ているか確認してください。風量計を使うことによってブロワーの異常やエアーが出ているのにばっ気していないのであれば散気管が詰まっているなど故障の原因を見つけることができます。まだ。お持ちでないのでありましたら、この機会にご検討してみてはどうでしょうか。コンパクトで持ち運びにも便利です。
お問い合わせお待ちしております。
DOC120702-003.pdf
担当 武内
posted by 札幌北営株式会社 at 12:57 | 浄化槽関連

pagetop

2012年06月22日

こんにちは。
札幌北営です。

本日はお初にお目にかかる新明和工業さんのARS型ブロワーを
オーバーホールした模様をお届け致します。

いつものようにブロワー室から本体を撤去して参りました。
007ブロワー本体取外し.jpg

早速、バラし始めます。
011タイミングギャ取外し.jpg 013プーリー側カバー取外し.jpg

こんな感じでバラしていきました。

015ローター部汚れ状況.jpg 017ケーシング部汚れ状況.jpg

汚れもかる〜い感じです。
弊社でよく使用する洗剤で綺麗にしていきます。

019ローター部洗浄.jpg 021ケーシング洗浄.jpg

すごく油汚れが落ちるんです。

023ローター駆動側洗浄完了.jpg 024ローター従動側洗浄完了.jpg

綺麗だとおもいませんか?

あとはどんどん組み立てていきます。

035従動側ベアリング取付け完了.jpg 036駆動側ベアリング圧入.jpg

ローター間のクリアランスを調整します。

041ローター部ギャップ調整(0.015mm).jpg

クリアランス調整が完了したらギャカバーケースを取付け本体を元に戻します。

043ギャケースカバー取付け.jpg 056ブロワー本体取付け.jpg

最後にエアフィルターを交換して試運転調整で完了です。

062エアフィルター交換完了.jpg 065試運転調整.jpg


ARS型の65Aを今回、オーバーホールさせて頂きましたが
驚いたのが駆動側のカバーがケーシングと一体化していたことです。
駆動側のカバー部内部が摩耗したら交換となりそうです。
この機種は早めのオーバーホールを実施し管理をしたほうが良さそうです。


ブロワーのオーバーホールは是非、札幌北営へ!


佐藤でした。


posted by 札幌北営株式会社 at 20:20 | 浄化槽関連

pagetop

2012年02月20日

こんにちは

皆様、おかわりありませんでしょうか?

今回は最近、多い相談の解決例をお話いたします。


簡単に言ってしまえば浄化施設の設備の更新&改修に付随する相談です。

今回の現場は大型の浄化槽に取り付けてあります汚泥の計量槽が鉄製の為、
傷みが激しくなってきたので錆びない素材の物に交換したいと言う要望でした。
現場へ実測に伺って制作してみました。

keiryousou1-1.jpg keiryousou1-2.jpg

keiryousou2-1.jpg keiryousou2-2.jpg

keiryousou3-1.jpg keiryousou3-2.jpg

keiryousou4-1.jpg keiryousou4-2.jpg

keiryousou5-1.jpg keiryousou5-2.jpg

こんな感じで制作、納入致しました。
いろいろな製作物にも対応できる札幌北営です。

現場で困った相談がありましたら何なりとどうぞ!



担当:佐藤でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 18:33 | 浄化槽関連

pagetop

2011年12月11日

飯島電子工業株式会社製 DOメーター ID-150

今回ご紹介いたしますDOメーターですが、センサー本体に特徴があります。
みなさんDOメーターを使用していて、結構経験するトラブルが隔膜の破損です。

新品交換を行ってまだ1年未満なのに、隔膜がばっ気槽内の異物によってキズが付いてしまう場合があります。
このDOセンサーのラバーキャップには、高機能がほどこされていて隔膜破損の原因になるスカム、砂、堆積汚泥物などのSS成分の侵入を防ぐ構造となっています。

DO計10002.jpgDO計10003.jpg

また、常に過酷な条件での使用に向けラバープロテクタ、グリップを採用し測定中や移動中の落下にも対処しています。もちろん防水構造です。(IP67の”防水性”に準拠

そして一番興味があるのは、隔膜が交換できることです。

スキャン0001.jpgiijima 20002.jpg

センサーにも1年定額保障が付いています。

iijima 20001.jpg

専用収納バックも用意しています。

収納バッグ(大・小).JPG

この機会に皆さんもぜひ、タフなDOメーターをご検討ください。

お問い合わせは各営業担当者へどうぞ。

担当:阿部
posted by 札幌北営株式会社 at 15:47 | 浄化槽関連

pagetop

2011年06月03日

こんにちは。

今日は先日現場調査に伺った内容のお話を少し。

現場は北海道のとある場所にある循環式トイレ「ECOR」(エコアール)の
改修に伴う事前調査です。
現場の近くには風力発電の風車がづらり並んでいます。
そのうちの一基は羽根を下ろして修理をされていました。

husya1.jpg husya2.jpg

車や人と比較したら羽根の大きさが・・・。





っで本題の現場ですがなんと一年以上使用されていないと言うか稼動が
されていない状態で見るも無残。

ECOR1.jpg
汚泥も当時そのままの汚泥循環槽。

ECOR2.jpg
高価な中空糸膜も乾いてカピカピのボロボロ。

ECOR3.jpg
水の脱色に使用されるロール状にした活性炭もカサカサ。

ECOR4.jpg
流量計も

ECOR5.jpg
加圧給水ポンプも

ECOR6.jpg
これまた高価なオゾン発生器も

ECOR7.jpg ECOR8.jpg
手洗い場の水を流したら配管に穴。
悲しくて涙が出てきます。
ちゃんと管理されていればここまで酷くならないでしょうに。

本当に手を加えて修繕するのか・・・?

皆さんはこのように酷くなる前に困った現場があれば何なりと
ご相談下さい。

担当 佐藤でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 19:16 | 浄化槽関連

pagetop

2011年03月09日

こんにちは!
ここ最近、更新が滞っておりましたがこれから
社員一同、挽回していきますのでよろしくお願い致します。

さてタイトルにありますが皆さん浄化槽管理で使用されている
DO計(溶存酸素計)ですが、ご存知の通りセンサー部は
薄い角膜が使用されています。
そんな角膜ですがバッ気槽へセンサーを投入した場合
下から巻き上がる水流の中に含まれる砂などの影響で
角膜を破損(ピンポールの誘発等)することがあります。
破損すると当然、内部液が出てきて測定が出来なくなります。

DO1.jpg
 
こんな感じで内部液が漏れたらアウトです。

っで対策をしましょう。
すでにやられている方もいるとは思いますが
電極を上に向ければかなりリスク低減になります。

方法は簡単

DO2.jpg

これを

DO3.jpg

ケーブルに縛ってしまいましょう。
そうすると

DO4.jpg

こんな感じで電極が上を向きます。
おばあちゃんの知恵袋的な感じもしますが
是非、皆さんもお試しください。

あっ、注意です。
センサー部の付け根は写真のようにケーブルに余裕をもたせてください。
折り曲げるように縛るとケーブルの断線の原因になります。
あくまでも個人の責任において試して下さい。
故障の際の保障は出来ませんので。

砂糖佐藤でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 18:02 | 浄化槽関連

pagetop

2010年11月20日

こんにちは。
先日、久しぶりに浄化槽の中に入って水中ポンプの自動着脱装置を一式交換して来ました。

現場に着いたら
01.着工前.jpg
満水(泣)


せっせとポンプで貯留槽に返送しまして
07.原水槽排水作業.jpg
やっとのことで空にしました。

既設の部材を交換します。
08既設状況1.jpg 12コネクション部交換前.jpg

15コネクション部交換完了1.jpg

コネクション交換完了!

後はガイドパイプを交換しましょう!
06.交換部品設置前5.jpg
当然SUS304です。

19ガイドパイプ切断作業2.jpg
寸法通りにカット!

22ガイドパイプ取付完了2.jpg
取付たらこんな感じです!good!!

あとはスライドを交換
23スライド交換完了1.jpg
完了!

ポンプ、フロートを取付
29フロート設置2.jpg
試運転をして完了です。

やっぱり現場での作業は良いですね。
最近、机に向かっての作業が多いのでどなたか現場でのお仕事ください!!


担当:佐藤でした
posted by 札幌北営株式会社 at 11:16 | 浄化槽関連

pagetop

2010年10月18日

こんにちは。
今回は日頃より私共がお世話になっております浄化槽点検業者の会社様より
「浄化槽製造メーカー様による[現場説明・勉強会]を実施できないだろうか?」
とのご相談を頂き、開催を致しました様子をご紹介します。

今回は、最近目にするようになってきましたハウステック社製
KTG型を題材として実施致しました。
この浄化槽を題材に選びました理由は、近年浄化槽の小型化が進む中で
「従来の小型合併浄化槽管理と更に小型化した浄化槽の違いを勉強したい」との
ご要望があり、この機種を題材とさせて頂きました。

当日は浄化槽を管理されている方々6名とメーカー様より3名との勉強会となりました。

01.jpg ht2.jpg


浄化槽の詳しい内容に関しましては

「ハウステック ハイバッキーKTG型」
「ハウステック ハイバッキーKTG型詳細(図面類・維持管理要領書・Q&A)」

でご確認頂くとして


率直な感想は「小さい」
こんなに小さくて大丈夫なのだろうか?っと思うぐらい小さいですね。
これなら単独浄化槽の入替にも十分、対応出来るのでしょう。
ht6.jpg
なぜ、このように小型化出来たのかは、沈殿分離槽(汚泥貯留部)にて
汚泥の濃縮・減容がミソになっているようです。
他にも色々と工夫されているとのことですがご興味のある方は
是非、ハウステックさんにお問合せをお願い致します。

「ハウステック株式会社 支店・営業所一覧」




札幌北営では浄化槽管理業者様とメーカー様の架け橋となれるよう
このようなお手伝いもさせて頂きます。思った事、気付いた事など何でも構いません。
ご相談下さい。



Special thanks
新日章サービス株式会社 様
ハウステック 営業企画本部 環境グループ 様
ハウステック 札幌営業所 様


担当:佐藤でした。


posted by 札幌北営株式会社 at 12:41 | 浄化槽関連

pagetop

2010年06月26日

チェッカープレートの更新について、お問い合わせが増えています。
鉄、SUS、FRP等それぞれの特徴として、
鉄(エポタール) ・・・安価、耐用年数3〜5年(目安)
鉄(亜鉛メッキ) ・・・エポよりやや高、耐用年数5〜8年
オールSUS  ・・・価格は鉄(亜鉛メッキ)の約1.5倍、耐用年数20年以上
FRP(枠等SUS)・・・価格はSUSの1.2〜1.5倍、軽量、腐食知らず
 上記はあくまでも目安で設置状況によって変わってきます。
それぞれ、鉄(タールエポ)からFRPと鉄(メッキ)の更新の一例を御紹介します。                

syoubou1.JPG syoubou2.JPG

gakkou1.JPG gakkou2.JPG

築地
posted by 札幌北営株式会社 at 11:03 | 浄化槽関連

pagetop

2010年04月24日

今回は新明和工業製のヘリカルブロワーの入替交換作業を行ってまいりました。

現在はARH40型が設置されています。
sekoumae.jpg
こんな感じです。
現在のARH-○○S型に比べ、旧式のARH型は色がグリーンぽいです。


予め、メーカーさんに入替のご相談をして高さ調整用の架台も今回は必要との事で用意しました。
new1.jpg new2.jpg 
厳重に梱包され配達さてまいりました。開梱して取付の準備開始です。

まずは既設のブロワーを撤去します。
tekkyo1.jpg tekkyo2.jpg
撤去前には必ず操作盤のブレーカーを切って下さいね!


っでブロワーを取り付けます。
torituke1.jpg torituke2.jpg
入替なので順調に作業は進みます。
注意点は既設ブロワーのモーター位置と新設ブロワーのモーター位置がオフセットしますので電源ケーブルが届かなくなる可能性がありますので予め調べる事をお勧め致します。


今回は何の問題も無く取付完了です。
kannryou1.jpg kannryou2.jpg

取付が完了しましたら電圧や吐出圧力、ばっ気の状況を点検します。
c1.jpg c2.jpg c3.jpg c4.jpg
すべて問題が無ければ作業終了です。

ブロワーの入替作業はそんなに難しいものではありません。
下調べが重要になりますが・・・。
下調べの参考になるように新明和工業さんで準備をして頂いている
資料もご活用下さい。
siryou1.jpg siryou2.jpg

札幌北営では新明和工業製以外にも各社ブロワーの入替、修理の作業も行います。

参考 http://www.sapporohokuei.com/products/01.html

お困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい。担当:佐藤


posted by 札幌北営株式会社 at 11:36 | 浄化槽関連

pagetop

2010年04月09日

春になって気温がだいぶ上がってきました。
そろそろタイミングギヤオイルの交換でも、とお考えの皆さん、
冬期間のオイル交換はギヤオイルの粘度が高く苦労したと思います。
 そこで注意点を一点。オイル不足を心配するあまり、オイルレベルゲージの中心より多く入れる傾向はありませんか?入れすぎは百害あって一利なしです。オイル漏れ、ベアリング部に滲入等いいことはありません。特にD社のルーツブロワーは規定量を厳守しなければ、オイル漏れのトラブルが多いようです。
 「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。 皆様ご注意を   築地
 
posted by 札幌北営株式会社 at 16:45 | 浄化槽関連

pagetop

2010年03月05日

こんにちは。

今朝の除雪は雪が重かったですね。

出勤前に、ひと汗もふた汗もかいてしまいました。



さて、今日は現場?レポートです!





【平成21年度 浄化槽・維持管理技術者講習会】

   〜浄化槽から地球が見えてくる〜


賛助会員でもある北海道浄化槽協会さん主催の講習会に

参加させて頂きました!(私は午前中にです)


201003051017000.jpg



さまざまな地域から技術者の方々が

講習を受けにこられています。

たくさん、いらっしゃいますね!




201003051018000.jpg



そして会場の後ろ側にはブースがあり、

いろんな資料や商品が展示されています。



201003051017001.jpg



私たちも皆さんにお役に立てそうな商品やカタログを

お持ちしました。

オリジナルの新製品もあるんですよ〜ひらめき








【感想】

浄化槽の施工や維持管理をされている技術者の皆さんは

こういった講習会を受講して

お客様のため、地球のため、日々努力されているんですね。

本当にお疲れ様です。





今回は現場から札幌北営:業務の吉久がお届けいたしました!



※浄化槽協会の皆様、

大雪で大変な中講習を受けにこられた技術者の皆様、

お疲れ様です。そして、ありがとうございました。※






posted by 札幌北営株式会社 at 12:20 | 浄化槽関連

pagetop

2010年02月06日

大晃機械工業鰍ウん(旧世晃産業鰍ウん)のDFタイプのブロワーのダイヤフラム交換等を行ったお客様は、もうすでにご存じかと思いますが、分解時にカバーや弁がなかなか外れなくて苦労した経験をお持ちではないかと思います。私も最初は取扱説明書をよく読まずに行った結果、バルブ押えを破損したりしたことがありました。
 特に過負荷状態で使用しているようなブロワーについては、ブロワー内部の高温状態が長期間継続するため、ゴム製のバルブが固着したり、カバーが張り付いたりして分解するのに苦労することがあります。
 そんな時、取り外したい個所の周辺を、トーチランプ等で温めると案外簡単にはがれます。
 お客様からお預かりしたブロワーを、ドライバー等で傷つけたりせずに済みます。機会がありましたらお試しください。

 
posted by 札幌北営株式会社 at 11:42 | 浄化槽関連

pagetop

2009年12月07日

御客様から、「電磁ブロワーの地絡発生が原因で漏電ブレーカが動作する」との事で、調査の結果原因究明に至りました。

今後の参考になればと思い、御紹介いたします。写真の通り、コードとタンクベースカバーが接触している部分が、長年の振動によりコード被覆が摩耗し、地絡発生に至ったという結果でした。

現場はきちんとアースを取っていたため、早期発見にて大事に至らずに済んだと思われます。

《写真》左側 被覆が削れた部分
     右側 接触していた痕跡

n.jpg




posted by 札幌北営株式会社 at 10:16 | 浄化槽関連

pagetop

2009年10月07日

今回は比較的大きな浄化槽に付いている汚泥返送用エアリフトヘッドを交換してきました。

現状はこんな感じでした。
AH1.JPG
見た目は問題なさそうですが・・・。













下から見ると













AH2.JPG











ぐぁー 穴が開いてジャジャ漏れしてます。













新しい物に交換しました。










AH3.JPG
これで問題解決です。


札幌北営では上記の様な浄化槽に関わる問題解決のお手伝いをしております。
現場調査から御見積り、現場施工まで行いますので何なりとご相談下さい。
posted by 札幌北営株式会社 at 18:37 | 浄化槽関連

pagetop

2009年06月12日

今回は浄化槽のスクリーンを交換してまいりました。

浄化槽管理をされている方々はご存知の通り、流入部のスクリーンが
硫化水素やアンモニアなどの腐食ガスにより
「サビサビ」「ボロボロ」という現場が多数あるかと思います。

そんな現場をお客さまのご依頼により交換作業を実施してまいりました。
genjou.jpg
この現場もこんな感じです。




事前に現場調査を実施し、スクリーンの寸法取りをして製作したスクリーンがこれです。
seisakuhin.jpg
上部を蓋とし前側のバー部分と共に取外し可能としました。
ステンレス製にしたかったのですが予算の関係上、鉄製+エポ塗装仕様としました。


付属品を取外したらこんな感じです。
seisakuhin2.jpg



まずは
tekkyo.jpg
撤去






つぎに
torituketyu.jpg
取付






そんでもって
syuuryou.jpg
かなり端折りましたが完了


作業中に散気管が腐食で折れたり、入ってこないはずの原水が入ってきたりと予想外の事もありましたが無事終了です。


札幌北営では上記の様なスクリーンの交換だけではなく
浄化槽や廃水処理施設の様々な機器の更新作業や更新の為の
現地調査も行います。
お気軽に貴社担当の営業までご相談下さい。

担当 佐藤


posted by 札幌北営株式会社 at 18:57 | 浄化槽関連

pagetop

2009年01月05日

新年あけましておめでとう御座います。
本年も皆様のお役に立てるよう社員一丸となってお手伝いをさせて頂きます。

早速ですが昨年末に問合せが多かった浄化槽管理用採水器の事をちょっと。

札幌北営で現在、製造販売しております「採水君」ですがこの商品はセントラル科学製「ラクラク採水器(CH-250型)」の製造中止に伴う後継器といして、セントラル科学且ミの了解の下、製造販売しております。

昨年末に多かった問合せと言うのが『「ラクラク採水器のシリンダー」を割ってしまったが部品を分けてもらえないだろうか』っと言った内容でした。
saisuiki_all_s.jpg←上:ラクラク採水器 下:採水君

この件に付いてですが見た目には同じ器具ですが製造工場が別の為、多少の寸法違いがあります。
シリンダー内、外径及びピストンの細かな寸法に違いがあります。
よって「ラクラク採水器」に「採水君のシリンダー」は取付不可能です。
saisuiki_bara_s.jpg

しかし「採水君シリンダー」だけではなく「採水君ピストン」&「採水君ヘッドキャップ」も交換した場合はどうかと言うと
saisuiki_s_2_s.jpg
交換出来ます。


そう。交換出来るんです。


saisuiki_new_p_s.jpg←この3つの部品を交換する事によって
セントラル科学製「ラクラク採水器(CH-250型)」を再生出来ます。
同じようなトラブルでお困りの方は弊社までご連絡下さい。

参考までシリンダーとピストンの間に入っているOリングですがグリースが切れると動きが渋くなりシリンダー内部に傷が付きます。
札幌北営では動きの改善に高真空用シリコングリースを推奨しております。
万が一採水時にグリースが混入しても「BOD」「N−ヘキサン」に影響が無いようにとの事でこのグリースを推奨している理由です。
少々、価格は張りますが弊社では小分けしてのご提供もしておりますのでご相談下さい。
saisuiki_g_s.jpg


今年はもう少し頻繁に情報提供が出来るようがんばりたいと思います。宜しくお願い申し上げます。 担当 佐藤





posted by 札幌北営株式会社 at 18:31 | 浄化槽関連

pagetop

2008年10月27日

浄化槽管理や廃水処理施設の現場で圧倒的な信頼を得ている笠原理化工業社の
ハンディタイプ水質測定器に新機種が発売されました。
Fset.jpg



溶存酸素計 DO-5F
DO-5F.jpg
従来のDO-5Zと比べ価格がかなり低く設定されております。
また消耗品の電極部も従来型のワグニットセンサー交換から隔膜部&電解液の交換となり
ランニングコストもリーズナブルです。
詳しくは http://www.krkjpn.co.jp/handy/h09-21-2.htm でご確認下さい。


水素イオン濃度計 KP-5F
KP-5F.jpg
こちらも従来のKP-5Zと比べ価格がかなり低く設定されております。
但し、従来型はpH&ORPが一本の電極に集約されていましたが新型のKP-5Fは
別々の電極を用意しなければなりませんのでORPを測定したいユーザーさんには向いていないかと思います。
詳しくは http://www.krkjpn.co.jp/handy/h10-23-2.htm でご確認下さい。


塩素イオン計 CL-5F
CL-5F.jpg
塩素イオン計に関しては従来型に比べて価格も性能もあまり変化がありません。
強いて言えば10倍レンジでの測定が出来なくなったくらいの違いでしょうか。
詳しくは http://www.krkjpn.co.jp/handy/h11-24-2.htm でご確認下さい。

札幌北営ではカタログをご用意しております。
お気軽に送付依頼をお申し付けください。
TEL 011-612-1675 FAX 011-612-9692 までどうぞ。

posted by 札幌北営株式会社 at 06:00 | 浄化槽関連

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ