札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2009年06月03日

使っている人もいらっしゃると思いますが。。
洗浄ホースの継ぎ手に使ってください。
P5310193.JPG

真鍮とステンレスが選べます。
ステンレス製の方が耐圧力が高くなっています。

P5310194.JPG

プラグをカチッとはめた後、ソケット側を回しておけばロック完了です。

担当小松
posted by 札幌北営株式会社 at 11:24 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2009年03月12日

今回は紫外線硬化型FRPシート「PPS」を脱水汚泥の搬出ダンプに施工しました。

施工に至った経緯は?

・汚水の浄化施設で排出される汚泥を搬出する為、荷台のサビ発生に困っている。
・年に数度、サビ防止の為に塗装をしていたが手間が掛かる。
・汚泥に凝集剤を含んでいる為、降ろす際に滑りが悪い。

等などの理由で改善出来ないかを模索していたところ、この素材に行き着きました。



選定の理由

・従来のFRPを貼り付ける事を考えると施工に時間と手間が掛からない。
・貼り付け後、荷台の鉄部に汚泥が接触しない為、サビの発生を極力抑えれると考えられる。
・PPSの表面が滑らかなので荷降ろしの際の手間が省けられる。

実際に施工した例は無いのでお客さまの車に施工させて頂きました。



手を付ける前の状況は
pps1.jpg
白い塗装が剥げてます。

このままでは施工出来ませんので塗装を剥いで頂きました。
pps2.JPG
サンドブラストで仕上げてもらいました。



今回、貼り付けるPPS樹脂です。
pps3.JPG
紫外線に当ると硬化してしまうので黒いフィルムで覆われて着ます。

実際に広げるとこんな感じです。
pps4.JPG
中の繊維が見えるでしょうか?



PPS樹脂を貼り付ける為のポリマーを塗布します。
pps5.JPG
へらで薄く延ばす要領で塗っていきます。

樹脂1枚分の面積を塗ります。
pps6.JPG
段差などの空隙が出来やすい場所は大目のポリマーを塗布します。

次はいよいよPPS樹脂の貼り付けです。
pps7.JPG pps8.JPG
PPS樹脂とポリマーの間に入った空気を小手を使って抜いていきます。

樹脂と樹脂の継ぎ目は被せて隙間を無くします。
pps9.JPG
PPS樹脂の表面が「ツルツル」なのが分かりますか?

角の処理はこんな感じです。
pps10.JPG
上手に空気をを抜くのが職人技です。

荷台全体に貼り付けました。
pps11.jpg
お日様の光で「カッチカッチ」やぞ!



施工後に汚泥の搬出をして頂きました。
pps12.jpg pps13.jpg pps14.jpg
汚泥の落下も問題なく逆に滑りが良いと施主様も満足頂きました。
PPS樹脂自体は色々な用途に応用施工が可能ですのでこんな物に張ってみたいと言うお客さまがいらっしゃいましたらご相談下さい。

すべての写真はクリックすると拡大します。

担当 佐藤

posted by 札幌北営株式会社 at 21:59 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2009年01月29日

この程、ご好評を頂いておりますGラインスコープに「1616」が追加発売されました。
GLS1616.jpg←1616 GLS2830.jpg←2830


以前より発売されております「2830」に比べてカメラヘッドがφ28→φ16と12oも小さくφ31の90°エルボも通過可能となります。
head_01.gif


REX社製「Gラインスコープ」の特長

・コンパクトにまとめられており持ち運びが非常に楽です。
・オプションのバッテリーを付属しますと調査先での電源確保が必要ありません。
・カメラヘッドが防水構造(JIS-IP68)で水中の使用も問題ありません。
・入出力端子が付属しておりますのでパソコンに取込む事も可能です。

新発売の記念キャンペーンとして2009年3月末日までにご成約頂きますと下記のマルチレコーダーを1台プレゼントします。
PMP.jpg
・2.8インチTFT液晶モニター
・2GB内蔵メモリー(SDカード2GBまで対応)

数に限りがありますのでお早めにお問合せください。   担当佐藤
posted by 札幌北営株式会社 at 17:43 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年11月26日

しばらく更新が滞っておりました。申し訳有りません。

lw250.jpg
早速ですが、タイトルにあります様に安永エアポンプ社から新たにブロワーが発売になります。既設浄化槽に付属され、すでに取付けられている物もありますがメーカーとしての発売はこれからとなります。

LP−E/EP−E型(Eシリーズ)
・新型のEシリーズは従来型のブロワーより消費電力を約30%削減しているとの事です。
・騒音値も従来品に比べ10%減となっているようです。
・2口タイプ(逆洗付き)も省エネ設計で吐出口の左右も選択が可能です。
・保護スイッチが新設計で従来のストロークに対して縦方向だけでなく横方向にも検知が可能になります。
PDF→LP-E EP-E.pdf
2009年1月中旬より発売開始予定です。

LW型(LWシリーズ)
・以前よりLWシリーズは150g・200g・250gとラインアップされておりましたが新たに300g・350gが追加となります。
・ロータリー式ブロワーの入替え用に大型のダイアフラム式ブロワーを選定しやすくなりました。
・ロータリー式に比べると騒音を低減できますので騒音でお困りの現場対策にも有効です。
PDF→LW-300.350.pdf
2008年12月初旬より発売開始です。

新機種紹介カタログをご用意しております。
ご希望の方は弊社までご連絡下さい。

札幌北営 担当佐藤
posted by 札幌北営株式会社 at 17:31 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年10月30日

環境美化用品総合メーカーの株式会社テラモトより「レスキューベンチ」が発売になりました。
レスキューベンチ1.gif
この商品は普段、通常のベンチとして使用でき、急病人や地震などによる負傷者発生の緊急事態になると、担架へ早替わりします。もしもの時の為に工場や処理施設など人の集まる所などに配置しては如何でしょうか!?
r-b.jpg ←クリック

詳しくは http://www.teramoto.co.jp/pages/new08/rb/rb.htm でご覧下さい。

札幌北営ではその他の環境美化用品も取扱っております。
お気軽にお問合せ下さい。

TEL011-612-1675
FAX011-612-9692


posted by 札幌北営株式会社 at 06:00 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年10月28日

今回はガス検知器の理研計器株式会社よりマルチガスモニターの新機種が発表になりました。
GX-2009.jpg
機種名:GX-2009
従来のGX-2001typeAの後継機種になるようです。
測定ガスは従来通り「可燃性ガス、酸素、硫化水素、一酸化炭素」の4成分の測定になります。
従来型ではガスの測定値が1成分づつの標示となっておりましたがGX-2009ではすべてのガスを同時標示出来ます。
吸引ポンプユニットのRP-6もGX-2001と共通になりますので本体の入替えの場合にも余計な費用が発生しません。
発売は2008年11月10日よりとなります。
カタログを用意しておりますのでお問合せお待ちしております。

札幌北営株式会社 
TEL011-612-1675
FAX011-612-9692
posted by 札幌北営株式会社 at 06:00 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年10月23日

pc-corn.jpg
今回は伸縮型のコーンをご紹介致します。
お客さまの現場にお邪魔した際、よく見かけるのが三角コーン。
浄化槽の管理などでは三角コーンを安全対策の為に駐車中の車の周りやマンホールの周りに配置されているのをよく拝見します。
また強力吸引車で作業の為、臨時的に公道へ停車される際もよくご使用されている事かと思います。
安全に仕事をする為に必要な反面、従来の三角コーンは持運びに場所を取ります。


しかし今回ご紹介するコーンは
pac-002.jpg ”伸縮可能”です。


特長は
●収納時に場所をとりません
(車のトランクにラクラク収納)
pc23.jpg
●LEDライト内蔵で夜も安心です
(底面のスイッチで点滅・常灯できます)
●雨の日でも大丈夫
●緊急時に安心です
●保守・点検作業におすすめ!

サンプル品を用意していますので貴社の担当営業までお問合せ下さい。




posted by 札幌北営株式会社 at 09:03 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年09月24日

工事用排水ポンプでは圧倒的なシェアを持っています鶴見製作所より新型の水中ハイスピンポンプが発売されました。

HSU.jp.jpg

異物の通過径30mmと大きく気中連続運転が可能です。万が一、ピット内の水が排水されて空運転状態になってもこれなら問題有りません。
持ち運びに便利な持ち手もあり軽量コンパクトでいろいろな用途で活躍します。
詳しくは弊社の営業担当者又は下記のカタログにて確認下さい。

HSU.pdf.pdf
posted by 札幌北営株式会社 at 15:06 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年07月18日

本日、食品加工工場内の排水処理施設に設備されているブロワー(送風機)をオーバーホールしてまいりました。
食品工場内に設備されているブロワーは施設内に充満しているオイルミストを多量に吸引し送風を繰返していますのでエアクリナー(エアチャンバー)はいつもベトベトで困ってしまいます。
当然、オーバーホール時にはその油を脱脂しなければなりません。
今まではパーツクリーナーや灯油を使用しての洗浄を行っていましたが、今回は「・・・・・・」という洗浄剤を使用しました。
実はあるメーカーさんからのサンプル品で実証実験をしただけですのでまだ製品名は明かせません。すみません。
あまりにも効果が素晴らしかったので今回はフライングをして掲載致しました。
わずか1〜2分程度付け置きしあとはスポンジで軽く擦るだけです。換気扇やフードの洗浄などにも良さそうです。

bf_R.jpg af_R.jpg

洗浄剤の成分が油性では無いので後始末に便利です。
後日、製品は皆様に御紹介させて頂きますのでその時までもう少々お時間を下さい。
早く洗浄剤を試されたいお客さまは弊社の営業までご相談下さい。
posted by 札幌北営株式会社 at 19:27 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年06月20日

吸引車を使用しての作業において絶対的な信頼を受けご利用頂いている「カナラインA」ホースに吸引車専用「カナラインN.S.吸引車用」ホースが新に仲間入りしました。

ns_01.jpgns_02.jpg

・脱塩ビ製で環境にやさしい
・従来品のカナランAより軽量で作業性がよい
・塩ビ製と同等以上の曲がりを実現
・加圧時のホースの伸びは少なく、耐久性に優れる
・酸、アルカリ、アルコールに強く、耐薬品性も優れている
・吸引車用ですのでφ75mm×20、50m φ100mm×20、50mのみのラインナップです

すでに数社のお客様にご使用頂いておりますが汚泥の吸引にはホースが軽いので作業がし易いと好評です。
今後は無機系の砂利等の摩擦係数が高い物を吸引した場合の耐久性に注目していきます。情報がありましたらご連絡下さい。c
posted by 札幌北営株式会社 at 18:26 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年06月19日

バキューム車や高圧吸引車のボールバルブはどんどん消耗してしまいますよね。
交換するといってもメーカー純正のボールバルブはかなり値が張ります。
札幌北営鰍ナは純正製品と同等の性能を有している福留製作所のボールバルブをお奨めします。
P5190063_R.jpg
バキューム用 65mm・75mm・100mm
高圧吸引車用 100mm・125mm
と、各サイズ取り揃えております。当然、納品後のパーツ供給も行いますので安心してご使用頂けます。
これから交換をお考えの皆様は是非、お問合せ下さい。かなり安いです!!
posted by 札幌北営株式会社 at 17:48 | 新製品・新取扱製品

pagetop

2008年06月17日

b02d_22.jpgb02d_23.jpg

アースバイオケミカル製
ベーパプロS & ベーパプロW

従来より、皆様にご愛用頂いているプレート状気化性防殺虫剤(パナプレート、ニッサン殺虫プレート、日曹殺虫プレート、バポナ殺虫プレート等)の主成分で含まれているジクロルボス(DDVP)に 発癌性及び変異原性 が確認され英国では販売の制限がされているとのことです。(国内でも東京都内など一部販売の制限を課されている地域もあります。)
プレート状気化性防殺虫剤は使用場所・用法を守って使用頂ければ問題は有りませんが安全性をより確保する為に、新成分プロフルトリン(ピレスロイド系)を主成分とした不快害虫駆除剤をご紹介致します。

内容量:33g×1枚
梱内容:100袋/ケース
■有効成分
プロフルトリン

■適用害虫
オオチョウバエ、ホシチョウバエ、ノミバエ、コバエ、ユスリカ
■特長
・有効成分は常温揮散性のピレスロイド系殺虫剤です。
・浄化槽に発生するチョウバエ、ノミバエなどの成虫を長期間(2〜3カ月間)駆除し続けます。
・浄化槽の有用微生物には影響ありません。
・表面が結露しても効果は変わりません。
・本品の樹脂は塩ビではありません。
■使用方法
・オオチョウバエ、コバエ、ユスリカ対策:本品1枚を合併処理浄化槽内(マンホールの蓋の裏側など)に吊るして使用してください。
・ホシチョウバエ、抵抗性オオチョウバエ、ノミバエ対策:本品2枚を合併処理浄化槽内(マンホールの蓋の裏側など)に吊るして使用してください。
・各槽の有効容量がSは4m3、Wは7m3を超える場合は、適宜追加してください。
posted by 札幌北営株式会社 at 13:25 | 新製品・新取扱製品

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ