札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2015年08月03日

暑くなって来ましたね。
あっという間に初夏を通り過ごして真夏がやってきました。

4年ぶりにダンロップさんのリトレッド工場見学を開催しました。
工場の中は熱気で外気温よりもかなり上昇していましたが楽しく見学して来ました。

リトレッドとは使用したタイヤのトレッド部(地面に接する部位)を一度削り、再度ゴムを貼り再使用出来る状態へするものです。

まず、肝心な事は台となるタイヤがしっかりしたものか。
トレッドぶは新品でも本体に不安があると使用ができません。
@洗浄工程  傷と汚れの判別をしやすくします。
RIMG0429.JPG

A検査工程  人間による目視、手触り等により再生可能か判断します。熟練度が必要かと思われます。
RIMG0431.JPG

B削り工程  びろーんって感じで削ったゴムを見せてもらいました。削っている工程は企業秘密で撮影不可です。
RIMG0433.JPG

C傷出し作業  ある程度表面を削った後は再度検査します。ワイヤが錆びていないかなど、ゴムをえぐって検査する事もあります。
RIMG0434.JPG

D糊塗布工程  台タイヤに再度ゴムを貼るために糊を塗布しています。
RIMG0438.JPG

Eゴム貼り工程  台タイヤにベルト状のゴムを盛っていきます。貼る前と後で重量を測定し規定の厚さを出しているか厳重に管理しております。そしてこの工程が結構見学者のテンションを上げていきました。なぜでしょう?
RIMG0441.JPG

E釜入れ工程  ゴム盛りしたタイヤを釜に入れて加熱します。パターン毎の釜歯があります。
RIMG0444.JPG

Fできたて熱々のタイヤ  トレッド部は完全に新品です。
RIMG0445.JPG

G見学者の皆さんが真剣に説明を聞いている画  真剣です。高野連の人が沢山いるみたいです。。
RIMG0446.JPG

H耐圧試験  出来上がったタイヤを実際に空気を入れてバースト等しないか試験を行なっております。厳重です。
RIMG0448.JPG

I最終チェック  これまたチェック。人による目視、感触での判断。もう十分でしょうってぐらいやってました。
RIMG0450.JPG

ざっくりと紹介させてもらいました。

この見学会、ブログでタイヤに感心を持って頂けたのであれば幸いです。

そのうちまた何かやりますので、宜しくお願いいたします。


担当:小松
posted by 札幌北営株式会社 at 18:30 | 催事

pagetop

2012年02月27日

拝啓

 浅春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、厚くお礼申し上げます。
 さて、平成24年2月23日に弊社が開催いたしました
「札幌北営セミナー」に多数のご臨席いただき、まことにありがとう
ございました。
 おかげさまで、好評のうちに閉会することができました。
 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業
に努める所存でございますので、何とぞ、末永くご愛顧くださいます
ようお願い申し上げます。
 まずは、略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。
尚、セミナーの模様は後日、このニュースにてお伝えさせて頂きます。

                       
敬具
posted by 札幌北営株式会社 at 16:45 | 催事

pagetop

2010年09月04日

こんにちは!
今日はサクションホース(ラインエース)でお世話になっている
東拓工業様の展示会の様子を少しご報告したいと思います。

某日、場所は札幌コンベンションセンター。

Sapporo_Convention_Center.jpg

弊社の勉強会でも2度ほど利用させて頂きましたが駐車場も広く

大変便利な施設です。



all.jpg
すでに沢山の方々がいらっしゃっている様です。


shimetac1.jpg shimetac2.jpg
サクションホース用の専用取付金具「しめTAC」などオプション品も展示されていました。
その「しめTAC」ですがお客様の現場でよくみられる平バンド締めと「しめTAC」を使用
した場合の金具の抜け試験を実施していました。

test1.jpg
違いが良く分かります。「しめTAC」を利用するとなかなか抜けません。






上記の他に今回はサクションホースの耐圧試験を実施すると事前から告知がありましたので
興味をもって伺わせて頂きました。
事前の想像では大きなコンプレッサーなどを用意して物々しい装置で試験をするのかと
妄想しておりましたが意外にも手動の加圧ポンプを利用しての試験でしたorz

他社品(K社)の同等品との比較試験もして頂きました。

test2.jpg test3.jpg

こちらも違いが良く分かります。
他社品はリブとリブの境目の透明部分からリブに沿って裂けていきます。
説明では透明部分の肉厚に違いがあるとの事。
良い製品を取り扱わせて頂いている事に感謝です。m(_ _)m



今回は同時に「ワンオフでゴム製品の加工をします」っと言うメーカーさんも出店。
細かい物、大好きな佐藤は興味深々でした。

micro1.jpg micro2.jpg

こんな細かいゴム部品も1つから制作してくれるとの事。涙が出ます。




ん?何に使うんだろー?まっいいかー



micro3.jpg micro4.jpg
Oリング等は既製品が見つからない場合など利用できるかな!?


cat1.jpg cat2.jpg 
利用方法は無限大。興味のある方は佐藤まで。


posted by 札幌北営株式会社 at 10:06 | 催事

pagetop

2009年12月04日

今回は平成21年11月17日の認可変更によりディスポーザーの下水道放流が解禁されました「興部町」での住民説明会に参加致しました。

興部町では一般ゴミの減量化を目的としたディスポーザーの利用を推進しており、設置戸数を増やす為に設置に掛かる費用の75%(上限6万円)を補助するとの事です。
北海道内では今まで見られないような手厚い補助をされていますのでかなりの普及がなされるのではないのでしょうか。
参考:http://www.town.okoppe.lg.jp/osirase/0912/disupo-za-.pdf

さて住民説明会ですが興部町内の4箇所でデモ機を用意して行いました。

juumin.setumei1.JPG juumin.setumei2.JPG

皆さん最初は
粉砕時の音がどうなのか?
配管の詰まりは無いのか?
ディスポーザーに手を入れても怪我はしないのか?
などなど、疑問をお持ちでしたが実際にディスポーザーを目の前にして疑問を解消されておりました。


デモではお客さまにキャベツを粉砕して実際にご覧いただきました。

demo1.JPG demo2.JPG demo3.JPG

粉砕された物は通常では見れませんので皆さん興味深々でした。
現在、デモ機は興部町のロビーに展示されていますのでお近くをお通りの際はご覧下さい。




※注意

現在、ディスポーザーは一部の市町村が下水道への放流を許可しております。
しかし許可が認められていない地域が圧倒的に多い為、札幌北営では一般へのディスポーザー販売は行いません。
設置をご希望される方は各自治体又は自治体に登録されている設備業者さまへご確認下さい。

又、浄化槽利用の方々はディスポーザー対応浄化槽以外には取付が認められておりません。
詳しくは北海道浄化槽協会 http://www.hjk.or.jp/ までお問合せ下さい。


参考
平成21年12月4日現在、許可を出している自治体

旧歌登町(現枝幸町)、沼田町、秩父別町、滝川市、砂川市、奈井江町、浦臼町、雨竜町、栗山町、増毛町、更別町、陸別町など


ご興味のある方は担当佐藤まで。

posted by 札幌北営株式会社 at 19:18 | 催事

pagetop

2009年03月18日

去る3月13日札幌市白石区「札幌コンベンションセンター」にて2年ぶりの札幌北営セミナーを開催させて頂きました。

簡単に流れをご紹介させて頂きます。
shs034.jpg
今回は、配電盤の読み方をメインのセミナーでした。
集まって頂いた方々は総勢約180人。
shs052.jpg

当初予定していた定員数を超えた多数の参加で裏方は準備から大慌てでした。

午前中は皆さんで座学をして頂きました。
電気の基礎知識、浄化槽の補修、回転盤の現状、機械整備等講師の方による講習をして頂きました。
中でも、評判だったのが北勝様講師の浄化槽補修。
shs061.jpg
とても興味深い話で皆さん釘付けでした。

そして、昼食
shs082.jpg
美味しかったです。個人的にはから揚げがもう一個欲しかったかなぁとおもいますが…

午後からは4つのブースに分かれてテーマごとの講習でした。
配電盤のブース、ロータリーブロワ、ダイヤフラムブロワのブース、水質測定器、微生物のブース、水中ポンプの電気的講習、光FRP素材のブース
各ブースを1時間づつ廻ってもらい勉強をして頂きました。
shs018.jpg
shs017.jpg
会場の後ろには商品の展示なども行い、サンプル配布も致しました。

とても長い講習で講師の方々も受講して頂いた方々も最後にはぐったりしていたようです。

やりたい内容が多すぎて、1日に詰め込みすぎた様な気がしました。

次回開催は今回参加して頂いた方のアンケートや反省点を生かしより良いセミナーにしていきたいと思いました。

ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

担当 小松
posted by 札幌北営株式会社 at 18:34 | 催事

pagetop

2009年03月16日

拝啓

 浅春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、厚くお礼申し上げます。
 さて、過日弊社が開催いたしました「札幌北営セミナー」にご臨席いただき、
まことにありがとうございました。
 おかげさまで、好評のうちに閉会することができました。
 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業
に努める所存でございますので、何とぞ、末永くご愛顧くださいます
ようお願い申し上げます。
 まずは、略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。
尚、セミナーの模様は後日、このニュースにてお伝えさせて頂きます。

                       
敬具
posted by 札幌北営株式会社 at 10:37 | 催事

pagetop

2009年02月20日

弊社と日頃からお取引を頂いておりますお客さまに郵送にてご案内差上げました
「札幌北営セミナー」の参加者募集の締切りが2月23日に迫っております。
既に参加予定人数の120名を越える応募を頂いております。

本日、会場の調整を行い若干名の追加枠を設けました。
しかし20名程の余裕しか御座いませんので参加ご希望の方は早めにお申込み下さい。

.pdf←案内PDF
posted by 札幌北営株式会社 at 15:43 | 催事

pagetop

2008年09月29日

top.gif
今回は皆様が普段現場でご使用頂いています安全衛生保護具等の各メーカー勢揃い致します「緑十字展2008 働く人の安心づくりフェア」をご紹介致します。
毎年、各都市を巡回開催されますので今回の開催を見逃すとしばらくの間は見れない事になると思います。
催しの内容は
名  称 緑十字展2008−働く人の安心づくりフェア−
テ ー マ リスク低減に新しい情報と技術を活かそう!
会  期 平成20年10月22日(水)9:30〜18:00
                23日(木)9:00〜17:00
                24日(金)9:00〜15:00
会  場 札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム(つどーむ)
〒007-0852 札幌市東区栄町885−1
入 場 料  無料
主  催  中央労働災害防止協会
後  援  厚生労働省、経済産業省、北海道、札幌市、NHK札幌放送局
協  賛  日本労働災害防止推進会、北海道経営者協会、(社)北海道商工会議所連合会、
北海道商工会連合会、北海道中小企業団体中央会
目  的  安全衛生保護具や作業環境改善機器等の展示を通じて、職場における安全衛生水準の向上を促進し、労働災害のない、働く人の心身両面にわたって健康で快適な職場環境の形成に寄与する。
出展内容  (1)安全衛生関連分野 (2)職場環境改善関連分野 (3)作業方法改善関連分野 (4)健康増進・リフレッシュ関連分野 (5)防災関連分野  (6)その他(安全衛生教育機器・教材関連、認証、福利厚生関連、医療・介護支援、事務機器、学校安全等)
となっております。詳しくはhttp://www.jisha.or.jp/event_campaign/event/midori/2008/index.html を御覧下さい。

札幌北営では当日のご招待券を用意しておりますので必要なお客さまは貴社担当営業までお問合せ下さい。
posted by 札幌北営株式会社 at 13:34 | 催事

pagetop

2008年06月18日

dome.jpg

洞爺湖サミット記念の「環境総合展2008」が札幌ドームで開催されます。
札幌ドームに最新の環境技術・商品・サービスが集結します。是非、ご参加されてはいかがでしょうか!?
会期  平成20年6月19日(木)〜21日(土)
場所  札幌ドーム
入場料 無料 (セミナー、フォーラム等で一部有料の場合有)
詳しくは
http://www.do-summit.jp/kankyouten2008/
を参照下さい

posted by 札幌北営株式会社 at 14:51 | 催事

pagetop

pagetop