札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2012年03月18日

こんにちはみなさん。

今回は、ブレファリズマを紹介します。
P1060763.JPG
薄い桃色をしています。結構おしゃれな色です。

この微生物はあまりお目にかかれないんですよ。

出現環境は、有機物が良く酸化されている状況です。
処理状況、良ですね。

上に写っているのが、スピリストマム。
出現環境は、低負荷で汚泥解体が始まるまで観察されます。

2匹が同じ状況下で観察されたと言うことは、今までは良かったがこれから低負荷で、汚泥解体が起こり処理水が悪くなるかな、と予測できます。
このような場合、ばっ気時間の調整、計量の調整を行います。ばっ気槽が複数ある場合は、数を減らして運転します。

解体した汚泥は、系外へ移送し新しい汚泥を育成します。
最悪、微生物剤の投入を行います。

まだまだたくさんの微生物を紹介して行きます。

ではまた、、、                                      阿部
posted by 札幌北営株式会社 at 14:08 | 維持管理

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ