札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2012年02月05日

みなさんこんにちは。

今回は、非常に厄介な微生物です。

SANY0010.JPG

糸状菌です。

糸状菌が発生すると、汚泥の凝集性、沈降性が悪くなり最悪の場合、汚泥の流出が起こります。
SV30が90%以上とか、汚泥界面が高い場合は糸状菌を疑ってください。

比較的DOが低い状態の時に発生するので、DOを高めにしたり汚泥の引き抜きを多くして、活性汚泥を入れ替えたりして対策をとります。

緊急の場合は、塩素系の薬品を投入して対処します。

いずれにしても、あまり見たくない生物です。

ではまた。                                   阿部
posted by 札幌北営株式会社 at 09:35 | 維持管理

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ