札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2011年10月23日

こんにちは。
先日小樽方面へ向かう途中、手稲で大量に発生した雪虫に遭遇しました。まるで、粉雪が舞っているようでした。
下校途中の小学生が、帽子、ハンカチで顔を覆って下校していました。

さて、今回はアルセラの紹介です。

SANY0029.JPG

有殻類で殻はもろく、口孔が中央にあり、かなり大きい。
足は摂食時に見られる。

処理水が良好なときから、解体時まで出現する。特に低負荷が始まったころから見られる。

水質条件が変化したとき、茶色に変色したり殻が破けてしまう。

SANY0047.JPG
茶色く変色

SANY0109.JPG
殻が破れた状態

硝化が進みPHが低下したときに多く発生する。

次回は、悪い状態へ向かうときに発生する微生物を見ていきましょう。

では、

阿部






posted by 札幌北営株式会社 at 10:15 | 維持管理

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ