札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2011年09月03日

こんにちはみなさん。
お盆が過ぎて急に寒くなったと思えば、大型台風の到来で再びの猛暑。

私たち人間も大変ですが、微生物もけっこう大変です。

今回も、良好な処理水が得られている時に発生する微生物の紹介です。

SANY0037.JPGP1060400.JPGP1060494.JPG

アスピディスカ

楕円形で腹側に足のように毛が生えています。
良好な状態から解体になるまで見られ、DOが比較的に高い状況時に多く発生します。

逆に減少してきた時は、溶存酸素不足、高負荷と判断できます。

空気量を調節したり、流入水質が普段と違うかなど対策がとれます。

それではまた次回。                                阿部



posted by 札幌北営株式会社 at 10:34 | 維持管理

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ