札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2009年12月04日

今回は平成21年11月17日の認可変更によりディスポーザーの下水道放流が解禁されました「興部町」での住民説明会に参加致しました。

興部町では一般ゴミの減量化を目的としたディスポーザーの利用を推進しており、設置戸数を増やす為に設置に掛かる費用の75%(上限6万円)を補助するとの事です。
北海道内では今まで見られないような手厚い補助をされていますのでかなりの普及がなされるのではないのでしょうか。
参考:http://www.town.okoppe.lg.jp/osirase/0912/disupo-za-.pdf

さて住民説明会ですが興部町内の4箇所でデモ機を用意して行いました。

juumin.setumei1.JPG juumin.setumei2.JPG

皆さん最初は
粉砕時の音がどうなのか?
配管の詰まりは無いのか?
ディスポーザーに手を入れても怪我はしないのか?
などなど、疑問をお持ちでしたが実際にディスポーザーを目の前にして疑問を解消されておりました。


デモではお客さまにキャベツを粉砕して実際にご覧いただきました。

demo1.JPG demo2.JPG demo3.JPG

粉砕された物は通常では見れませんので皆さん興味深々でした。
現在、デモ機は興部町のロビーに展示されていますのでお近くをお通りの際はご覧下さい。




※注意

現在、ディスポーザーは一部の市町村が下水道への放流を許可しております。
しかし許可が認められていない地域が圧倒的に多い為、札幌北営では一般へのディスポーザー販売は行いません。
設置をご希望される方は各自治体又は自治体に登録されている設備業者さまへご確認下さい。

又、浄化槽利用の方々はディスポーザー対応浄化槽以外には取付が認められておりません。
詳しくは北海道浄化槽協会 http://www.hjk.or.jp/ までお問合せ下さい。


参考
平成21年12月4日現在、許可を出している自治体

旧歌登町(現枝幸町)、沼田町、秩父別町、滝川市、砂川市、奈井江町、浦臼町、雨竜町、栗山町、増毛町、更別町、陸別町など


ご興味のある方は担当佐藤まで。

posted by 札幌北営株式会社 at 19:18 | 催事

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ