札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2018年08月31日

8月末ですが北海道は寒くなってきましたね。
2周間前程だったでしたか初雪が観測されたようで。。
本州では猛暑が続いているのに北海道は涼しくなっております。
今ぐらいの気候が過ごしやすいですね。

先日現在未使用の浄化槽の調査に行って来ました。
今後再稼働する可能性があるので、問題なく使用できそうか、また、修理する部分を洗い出しです。

現場でびっくりしました。
今まで見たことないぐらい張り水がきれいなのです。
現在流入がないのでもちろん曝気槽の水もある程度上水がキレイなのは理解できますが、透視度は2Mぐらいあったんじゃないでしょうか。
そして、ブロワを試運転してみてもすっごいキレイなのです。
IMG_6502.JPG
いつも見ている曝気槽は表面付近でポコポコしているぐらいです。が、ここは気管から出た小さな気泡が底から上がってくる過程が見えるのです。
いやぁ〜きっと伝わってないですねー。感動したんですけどねー。
その辺の川水を貯めたとしてもここまでの透視度は中々出ないと思うんです。貴重な現場でした。

以上、感度の押し付けでした。

担当:小松
posted by 札幌北営株式会社 at 12:00 | コーヒータイム

pagetop

pagetop