札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2017年05月21日

みなさんこんばんは。

浄化槽維持管理を行っていると様々な問題があるかと思います。

今回はその中でも使用量少なく低負荷になっている浄化槽についてです。

よく過ばっ気になっているので既設ブロワーよりも風量を落とした物へ変更

したらどうかという相談を受けることがありました。

実際にブロワーが故障したときは風量を落としたブロワーへ交換可能ですが

それ以外では費用が掛かるため故障前に交換することはできないと思います。

そこでオススメなのがこちら↓

WT-02N.jpg

カスタム製の24時間タイマーです。

100Vのコンセント対応なので特別な配線は必要なく、簡単に間欠運転ができます。

(※屋外コンセントを使用する場合は注意が必要です)

価格もお手頃なのでそういう現場がある場合は、是非試してみてはどうでしょうか。

実際に試された場合、点検の際には水質の変化に注意して下さい。

以上、武内でした。





posted by 札幌北営株式会社 at 22:53 | 浄化槽関連

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ