札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2017年04月11日

みなさんこんばんは。
今回はブロワー検査キットのご紹介です。
「ブロワー検査キット」って?と思いますよね!

そーです「風量計」です!
20160624145503_00002.jpg 20160624145519_00002.jpg

仕様
測定範囲 風量:26.7〜267L/min
     圧力:0.0〜0.1MPa
ケース  材質:アルミ二ウム
     サイズ:W356×D310×H103o
重量   2.4s


みなさん風量計使っていますか?
使っている方、知らない方、知っているけど必要ないと思っている方。
様々ですが、ブロワーを整備する上でとっても必要なアイテムです。

ダイアフラムが破損しているから、ダイアフラムを交換して設置したら風量がでない!
なんてことはありませんか?

試運転のときはエアー出たので、実際設置するとばっ気しないということはよくあります。
エアーが出ていてもどれだけ出ているかはわかりません。定格圧力時に規定量が出ているのかも
わかりません。

こんなときに風量計を使うと原因が判明します!

・試運転時に風量を測定することで、設置の際に風量が出なく慌てることが無くなります。
・ロッドやパッキンの劣化により、風量が出ないということが判明します。
・風量が出ないとなった場合、散気管の閉塞を疑うことができるため早期解決に役立ちます。

これから浄化槽管理の際に停止しているブロワーがたくさん出てくると思います。
今年からは風量計を使用してみてはいかがでしょうか!

きっとサービス向上に繋がり、安心と信頼を得ること間違いないと思います。
お問い合わせお待ちしております。

武内
posted by 札幌北営株式会社 at 00:03 | 浄化槽関連

pagetop

pagetop

Powered by さくらのブログ