札幌北営ニュースNEWS

廃水処理の最新情報や新製品のご紹介、微生物情報などを発信しています

2018年08月31日

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社扱い商品のホース接続継手 カムロック につきまして今般メーカーより下記の通知がありました。
180831_カムロック(2018年9月改訂).jpgカムロック_写真.jpg

”メーカー案内抜粋”
『ご承知の通り、金属素材の価格・物流費・副資材の高騰に加工費・人件費の上昇が重なり、今後も製品価格高騰に終息の気配がありません。弊社といたしましても懸命の努力を継続してまいりましたが、社内努力だけではコストの上昇分を吸収することがとても困難な状況となっております。
つきましては、誠に心苦しい限りではございますが、この度下記の内容で商品価格の改定をお願いせざるを得ない状況となり、何卒ご理解とご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。』

カムロック値上げ案内.jpg

また、清掃車(吸引車)用ボールバルフ゛部品・送料につきましても本日値上げの要請がありました。

180831_兼松エンジニアリング値上げ案内.jpg

弊社といたしましても不本意ながら値上げの実施を避けることが出来ない状況であります。
何卒事情ご賢察の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。


今後ともなお一層のサービスの向上に努力していく所存でございますので、
相変わりませずご注文賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

業務:水上
posted by 札幌北営株式会社 at 17:22 | 業務

pagetop

8月末ですが北海道は寒くなってきましたね。
2周間前程だったでしたか初雪が観測されたようで。。
本州では猛暑が続いているのに北海道は涼しくなっております。
今ぐらいの気候が過ごしやすいですね。

先日現在未使用の浄化槽の調査に行って来ました。
今後再稼働する可能性があるので、問題なく使用できそうか、また、修理する部分を洗い出しです。

現場でびっくりしました。
今まで見たことないぐらい張り水がきれいなのです。
現在流入がないのでもちろん曝気槽の水もある程度上水がキレイなのは理解できますが、透視度は2Mぐらいあったんじゃないでしょうか。
そして、ブロワを試運転してみてもすっごいキレイなのです。
IMG_6502.JPG
いつも見ている曝気槽は表面付近でポコポコしているぐらいです。が、ここは気管から出た小さな気泡が底から上がってくる過程が見えるのです。
いやぁ〜きっと伝わってないですねー。感動したんですけどねー。
その辺の川水を貯めたとしてもここまでの透視度は中々出ないと思うんです。貴重な現場でした。

以上、感度の押し付けでした。

担当:小松
posted by 札幌北営株式会社 at 12:00 | コーヒータイム

pagetop

2018年08月27日

みなさんこんばんは。

日本列島は各地で記録的猛暑が続く中,北海道はもう秋の匂いがしています。

本当に北海道は夏が短いですね。

さて,お盆休み前にフロートとポンプの交換を行いました。

状況としてはポンプが動作しておらず,満水となっており警報が鳴ったということでした。

原因として考えられることはいくつかあります。

@フロートの故障。フロートを上げ下げして動く確認します。

Aポンプの故障。電磁開閉器が作動状況やポンプの絶縁を測定して確認します。

Bその他。上記以外

今回はフロートの故障とポンプの絶縁が悪くなっていました。

黙々と作業をしていたため,写真は設置後の写真のみ...(笑)

写真 2018-08-08 10 40 14.jpg

無事に設置完了です。

その他の機器に以上はなく,問題なく動作していました。

機器の動作確認は電源を入れれば確認できますが,その機器の状態(電流値・絶縁など)を知るには,

クランプメーターやメガテスターがあると測定できます。

2127R.png
3144A.png

弊社でも上記の計測器を販売しておりますので是非お問い合わせ下さい。

最後に今回のようにポンプの販売だけでなく交換作業もできますのでこちらもお問い合わせ下さい。

※御見積前に現場調査は必要です。

宜しくお願い致します。

武内でした。
posted by 札幌北営株式会社 at 23:08 | 工事

pagetop

2018年08月18日

みなさんこんにちは。

今回は、とある現場に油水分離装置を設置しました。

現場は食品加工工場で、原水槽に浮上スカム状油分が堆積するので除去したい。との要望です。

まずは、原水槽へ掻き寄せ機能付き、フロート式ポンプを設置します。

RIMG1822-thumbnail2.jpg

RIMG1835.JPG

黄色の掻き寄せ装置が回転し、中央の吸込み口へ油分を導きます。

RIMG1836.JPG

すっきりしましたね!

これを、分離機本体へ送ります。

RIMG1829.JPG

RIMG1827.JPG

油と、水をきっちり分離して排出します。
人力で行うより、手間がかからず作業できます。

ご興味が有りましたら、阿部までお問い合わせください。

では、                                           阿部
posted by 札幌北営株式会社 at 15:05 | 工事

pagetop

pagetop